ヤマトヤシキ、ようやく解体へ

2018年2月に閉店したヤマトヤシキ姫路店ですが、2021年3月20日現在もそのままの姿で残されています。

が、ようやく解体することが決まったようです。

lhttps://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20210318/2020012495.html

NHKが報じたところによると、今月18日に所有する企業が説明会を開き、来月からおよそ1年かけて解体工事を行う方針を伝えたとのことです。

フォーラスの解体も2016年4月から2017年2月まで1年近くかかりました。その間、いろんな噂が飛び交っていました。手柄の生鮮市場が移転してくるとか、コストコがやってくるとか。

解体後の計画は未定だそうですが、何になるんでしょうね。

関連記事
 ヤマトヤシキ姫路店、閉店

検温

入店するときに検温するお店は普通になってますが、

最近は手のひらで測る機械も多くなってきていると思います

が、これ意味あるの

寒風にさらしたら体温低くなりますよね

35度下回っているって、別の意味で怖い(汗

失くしもの、落とし物。ようやく警察もオンライン化

JR西日本によると、電車内での忘れ物は、1カ月で約3万件、年間40万件だそうです。平均すると、1日あたり1,000件超になります。全国の鉄道を集計すると年間数百万件も発生しているんでしょうね。

忘れ物ランキングをみると、その2割が傘とのことで、次いで財布やスマホと、これは納得いくのですが、なかには袈裟(けさ、お坊さんが着る法衣)、・「テレビ」(←買ったばかりのもの?)、骨付き鳥(ケンタッキー?)、入れ歯(←なんで???)なんてのも多いそうです。

JRの車内で忘れたことが分かっていたら、こんなページが役に立つかもしれません

JRおでかけネット内「お忘れ物をしたら」ページ
(PC):https://www.jr-odekake.net/railroad/service/left.html
(スマートフォン):https://www.jr-odekake.net/railroad/service/left_smt.html

基本的にチャットでやりとりするようです。

ところで、失くしものをしたら、まずは警察に届けますよね。2019年度の1年間、全国の警察に拾得物として届けられた物品は約2975万点。その87.8%が所有者の元に返っているとのことで、これって結構すごいと思います。

で、2020年12月22日のニュースで、この「落とし物や拾得物情報を全国共有するため警察がオンライン化へ」とニュースがありました。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/75847

警察が全国の拾得物を照合できるシステムを2022年度中に開発して2026年度末までに順次導入する計画ですが、このニュースを見て「いままで共有されてなかったの?」というのが正直な感想です。

現在は、例えば旅行や仕事で遠方に行った先のどこかで落し物をしたとします。帰ってきた後で、地元の警察に届出を出すことになります。で、旅行や出張先で見つかったり、思いもかけない遠くから見つかった場合でも、連絡がこないケースが多いそうです。

要するに、失くしましたと届け出た警察と失くしたものが届けられた警察とのやり取りが、現状ほとんどないみたいです。なので、その落としましたという届けを出す時は旅行出張先でも出さないといけない、帰ってきてから気づいても遅いということです。

警察間の情報共有って、とっくに行われていたと思っていたので、かなり意外なニュースでした。